『塩狩峠』

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 作品に登場した人物実在の人物
    • 小説『塩狩峠』
    • 赤穂藩行政

    大石良雄(おおいしよしお)

    江戸時代の播州赤穂藩の家老。通称は内蔵助(くらのすけ)。吉良邸への討ち入りを描いた、いわゆる「忠臣蔵(ちゅうしんぐら…

    • 創作上の人物
    • 小説『塩狩峠』

    美乃(みの)

    小説『塩狩峠』の主人公・永野信夫の妹、待子の友だち。魚を飼っているらしい([かくれんぼ]70)。〈この作品のことを当文…

    • 創作上の人物
    • 小説『塩狩峠』

    吉川ふじ子(よしかわふじこ)

    小説『塩狩峠』の主人公・永野信夫の、親友・吉川修の妹。北海道で婚約するが、病気で解消。その後、信夫と婚約する。〈この…

    • 創作上の人物
    • 小説『塩狩峠』
    • 炭鉱鉄道日本国有鉄道運輸・交通

    吉川修(よしかわおさむ)

    小説『塩狩峠』の主人公・永野信夫の、小学4年生時の同級生であり、親友。家庭の事情で北海道に移転するが、信夫とは親交が続…

    • 創作上の人物
    • 小説『塩狩峠』

    大竹(おおたけ)

    小説『塩狩峠』の主人公・永野信夫の、小学4年生時の同級生。副級長(級長は信夫)。〈この作品のことを当文学館のデータベー…

    • 創作上の人物
    • 小説『塩狩峠』

    松井(まつい)

    小説『塩狩峠』の主人公・永野信夫の、小学4年生時の同級生。クラス一のガキ大将。〈この作品のことを当文学館のデータベース…

    • 創作上の人物
    • 小説『塩狩峠』
    • 家政婦・女中生活関連サービス・娯楽

    ツネ(つね)

    小説『塩狩峠』の主人公・永野信夫の家で雇われていた女中。〈この作品のことを当文学館のデータベースで調べたい方は〉作品…

    • 創作上の人物
    • 小説『塩狩峠』
    • 主婦・家事手伝い

    永野菊(ながのきく)

    小説『塩狩峠』の主人公・永野信夫の母。信夫の祖母・トセがヤソ嫌いであったことから、家を出されてしまった。〈この作品の…

    • 創作上の人物
    • 小説『塩狩峠』

    永野待子(ながのまちこ)

    小説『塩狩峠』の主人公・永野信夫の妹。信夫が父・貞行と菊人形を見に行った際に初めて会った。〈この作品のことを当文学館…

    • 作品に登場した人物実在の人物
    • 小説『塩狩峠』
    • 学校・教育慶応義塾

    福沢諭吉(ふくざわゆきち)

    明治期の教育家。小説『塩狩峠』では、主人公・永野信夫の父・貞行が、信夫を叱る際に福沢の言葉を引用した。〈この作品のこ…

アーカイブ